バカな頭で考えた!

記憶は脚色される

記憶は脚色されますね。

最近はこないだ撮った映画「あまっちょろいラブソング」の編集してますけどね、

撮影中の本番にちょっとしたハプニングがあったですよ。

そんなこと撮影してりゃありますよ。

本番中に起こったことなので、テープに録画されてます。

なので否応なく見ました。

記憶の中でのハプニングが再現されてます。

が、なんか違う。

こんな感じじゃなかった。

もっとバカバカしくて面白かった。

だけどビデオで再生されてる現場はなんか違う。もっと淡々としている。

そこで考えました。

記憶は脚色される。

のか?

ビデオで撮られてる映像だからって、そっちが正しいと限るのか?

記憶の方が正しい。

ことないか?

なんて思ったり。

記憶って不思議だ。

同じ現場にいて、あんなことあったのに覚えてないの?

って驚くことがあったり。

その逆もあったり。

同じ場所にいても見てるものはそれぞれ違うんですね。当たり前だけど。

て思うと、真実なんてない!

って思ったり、

真実なんてない!それが真実だ!

なんて言ってたおじさんがいたなぁと思い出したり。

いやねあれですよ。

楽しい思い出がありますね、たまに思い出しては、楽しかったなぁあの時って思うこと。

それをですね、一緒にいた人が全然おぼえてなかったらちょっと寂しいな。

と思った。

んなこと言わずに、さっさと編集しろって話しですね。

「あまっちょろいラブソング」

9月3日からに吉祥寺バウスシアターで上映です。

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です