バカな頭で考えた!

映画は残るし

去年撮った「セバスチャン」の撮影現場の古いマンションが壊されるようです。

こないだ自転車で前を通りかかったら封鎖されてました。

去年の時点で住んでいる人は一人だけだったし相当老朽化してるし無理ないことだとは思いますけど。

ちょっと寂しいです。

夜中まで撮影して数時間仮眠して早朝のシーンを撮影した屋上。

なんか雰囲気あるんですね。いい屋上。

でもなくなってしまう。

でもよ、映画は残るし。

屋上なくなっても映画の中ではあるのです。

「あまっちょろいラブソング」で写った2010年の役者さんも風景もいつかなくなりますよそりゃ。

でも残るからな。

これがいいのか悪いのか。映画の魔力っていうか。

ま、いいことだべ。

ってことにしとこ。

この古いマンションで撮影中通りかかった近所の人に「ホラー物の撮影ですか?」と聞かれました。

「セバスチャン」はホラー物ではありませーん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です