バカな頭で考えた!

andymori

の日比谷野音のライブを見ました。

土曜日の夜。

気がついたらチケット売り切れてましたが、立ち見の席が売っていたのでそれで見ました。

ぐらいなので超満員。あんないっぱいの野音は初めて見ました。

andymoriは去年「セバスチャン」を撮った時にエンディング曲にふさわしいバンドを探していた時に見つけたバンドです。

「Life Is Party 」って曲がとってもいいと思ったのです。

で交渉して使用させてもらえることになりました。

以来、何度か下北沢のライブハウスとか恵比寿リキッドルームとかで見てたんですけど。

今回の超満員の日比谷野音。

短期間の間に売れたもんです。

すごいなぁと思ってライブを見てました。

と思ってたらアンコールで出て来た時にドラマーの人が喋り出しました。

バンドを脱退するそうです。

いきなりの発表で客席もざわざわしてます。

でも正直それほどでもない。

こういうシーンを映画で撮影すると、もっと騒然とした雰囲気にするんでしょうけど現実はそうでもない。

と、僕の印象。一番後ろから立ち見で見てそんな感じ。

見る場所によってはそうでもないかもしれないけど。

去年ライブハウスに見に行った時は出口にボーカルのとドラムの人が出て来てお客さんと話したり、写真をせがまれて男同士でキスをしてみたりして仲良さそうだったんだけど。

ま、色々あるでがんすねバンドは。

「すごい速さ」って歌ってるバンドだから「すごい速さ」で進んでいるんでしょう。

がまん出来なかったでしょう。

がまんとロックは相性よくないもんな。

一回目のアンコールのラストで「Life Is Party」を歌ってました。

いい曲だなぁと思いました。

「♪楽園なんてなーいさ 楽園なんてあるわけないさ〜 Life Is Party」

でがんすよ。

新曲も良かったし、今は色々大変だろうけどこれからもずっと聞いて行きたいと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です