バカな頭で考えた!

コントラクトキラー

見ました。下高井戸シネマで見ました。

コントラクトキラーはアキカウリスマキの映画で主演はジャンピエールレオーです。

1990年と出てからもう20年前の映画です。

孤独な主人公が失業して絶望して自殺を試みるけ失敗。で、殺し屋を雇って自分を殺させようとするのだけど、花売りの女と出会って恋に落ちてしまって••

て話です。

映画館で見るのは10数年ぶりです。

京都みなみ会館のアキカウリスマキオールナイト上映で見て以来です。

考えてみりゃあれは1994年だ。あの年は京都遷都1200年とかで東京国際映画祭があの時だけ京都でやったのだ。んで「愛しのタチアナ」の上映でアキカウリスマキも京都にやって来たのだ。それも見た。確か祇園会館だった気がする。

で、みなみ会館にカウリスマキオールナイトを見に行ったら、そこに現れたのだ。

カウリスマキと今は亡きマッティーペロンパーが。

とぼけた挨拶をしていました。酔っぱらってたと思います。

んなことを思い出しました。

「愛しのタチアナ」のことを、「またこんな映画撮ってしまいました」って言ってました。

フィンランドに行ってみたいです。

カウリスマキは自分の映画館とバーを持っているらしいですが、まだ持っているのでしょうか?

行ってみたいです。

と思い続けて気がつきゃあっという間に月日は流れました。

まずいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です