バカな頭で考えた!

向かうところ手品師!

マギー司郎さんから「あまっちょろいラブソング」にコメント頂きました。

マギー司郎さんは「バカバカンス」で主人公の住むアパートの大家さん役で出てもらいました。

もともとは「天使の卵」という冨樫監督の映画で助監督した時に仕事をしました。

マギーさんはマンション管理人役でした。

それで「バカバカンス」を撮る時にお願いしてみたのです。小さな小さな自主映画なので難しいかなぁと思いつつ

えーいダメもとだ!とお願いしてみたら出てもらえることになったのです。ありがたいことです。

おまけに上映の際はマジックショーまでやってもらいましたin吉祥寺バウスシアター。

あんなに近くでマジックとマジックの種を見たのは初めてでした。

でも種が見えてるのは百も承知なのですマギーさん。それも含めての芸なのです。

圧巻でした。

その模様はバカバカンスDVDの映像特典に収録されてますので良かったらご参照下さい。

マギーさんは本を出しています。

タイトルがかっこいいです。(E)です。

「生きてるだけでだいたいOK」

マギーさんの半生がつづられています。

とってもいろんな苦労をしたうえで「生きてるだけでだいたいOK」

なんかですね。人にひどいことを言われたりですさんざんな目にあったりして、で、だのに、それと同じこと

を人にしたりする人がいますね。僕もしてしまうことあるけど。

でも、そういうのはなんか空しいですね。

ってことはもうやめにしましょーね(茨城弁)、ってマギーさんは思ってらっしゃるんじゃないでしょうか?

マギーさんのお弟子さんは楽しそうだな。

あんまり師匠のこと聞かないみたいですけど。

そんなマギー司郎さんのありがたいコメントです。

「宮田監督に初めてお逢いしたのは、冨樫監督にお世話になった「天使の卵」の時でした。少しお話をした時から、ずーと楽な気持ちになれました。それは僕が映画の世界のことを何もわからないので、さりげなく、いろいろ教えて頂いたことからだと思います。監督の映画を観るたびに、そのやさしいシーンが個々にみられることがいいんですよねぇ。

コメントを言えるような立場ではないのですが、今回の「あまっちょろいラブソング」に関しては、自転車を押して橋から去って行く姿にドキッとしました。若い時を想い出すシーンでした。

(僕、数年したら、もいちょっと味が出ると思いますので、宜しくお願いします。売り込みでした。)」

                                      マギー司郎(マジシャン)



2 Responses to 向かうところ手品師!

  • 宮田さん。はじめましてこんにちわ。突然ですみません。映画『セバスチャン』の原宿での公開最終日に観に行かせて頂いたものです。(ギリギリで入場できました!)
    とても気に入り、勝手及び微力ながら、自身のミクシィ日記等で宣伝させてもらいました。
    映画『あまっちょろいラブソング』も是非見たいのですが、高崎映画祭の日は予定があり行けそうもありません。もし、都内近辺で公開の予定及び、『バカバカンス』の公開予定があれば、是非教えていただければと思います。
    (ミクシィで『バカバカンス』のコミュニティを発見したのですが、特に情報がなかったので思い切ってこちらでお尋ねさせてもらいました。…すみません)

    では、これからも良い作品で沢山の人々及びご自身をも楽しませてくださいね。

    イーニド

  • イーニドさんありがとうございます。決まったら発表します。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です