バカな頭で考えた!

「あまっちょろいラブソング」がドイツの映画祭

ドイツで5月末に行われるハンブルグ日本映画祭で上映されることになりました。

今までやりとりしてて上映してもらえるかはっきりしなかったんですけど今日その確証がとれました。

映画祭のホームページにも載ってます。

おめでたいです。ドイツの方に気にいってもらえるとうれしいですけど、どいつもこいつも。

って言ってる場合じゃございません。この帽子どいつんだ?って聞いたら横にオランダ人が居て欲しいですが

世の中そう都合良くないです。

すいません。

うれしいんです。

これを機会に字幕をつけました。

英語タイトルは

「SWEET SILLY LOVE SONG 」

って言うんです。

って英語のタイトルがつくと不思議な気がしますが、

ええ「スイートシリーラブソング」って言うんですぜ。「スイシリ」って言って下さい。

そして、この「スイシリ」には(普通に打つと酸い尻って出るな。嫌な尻だ。甘い尻がいい)新たにコメントをもらってるのです。「あまっちょろいラブソング」のホームページには載せてましたが、見ていらっしゃらない方もいると思いますのでここに発表します。

ドイツ人のシナリオライターの方から頂きました。

嘘です。

日本人です。

シナリオライターの山田耕大さんから頂きました。

こんなコメントです。

宮田宗吉は曲者だ。゛あまっちょ゛はあまっちょろいようで全然あまっ
ちょろくなく、ラブソングと言いながら、ラブを見失う女の子の話だ。
それを何でもなさそうにやってしまって、なんだかケロッとしていて、
でも何かが心に残ってしまう。放射能物質じゃないよ。もっと心にも身
体にもいい何かが消えずに残ってしまう。そんな映画は簡単なようで一
番難しく、それをあっさりやれてしまっているところが宮田の憎らしい
ところである。一作ごとに大進歩。頑張れ!
                                

山田耕大(シナリオライター)

ありがとうございますー!

頑張ります!

ドイツの皆さんよろしくお願いします!

2 Responses to 「あまっちょろいラブソング」がドイツの映画祭

  •  スイシリのドイツでの上映、おめでとうございます!

     英語字幕になっても、微妙な台詞のニュアンスが伝わると良いですね。時に英語字幕のついた日本映画を観て、「そこ、そんな意味だったの?」と驚くことがあります。最近では奥田さんの出ている「離さないで」がそうでした。

     語学に堪能な宮田監督のことですから、余計な心配でしたね(笑)。
     ドイツではハンバーグ食べて、舞台挨拶頑張ってください。陰ながら応援しています。

  • 「あまっちょろいラブソング」ドイツ上映おめでとうございます。ドイツでも好評だとよいですね。

    抱き合わせというとあれなんですが、「セバスチャン」もドイツで上映をめざそうと言う事で、ご存じかも知れませんが今、4輪自動車レース業界では二人の偉大な「セバスチャン」というドライバーがおります
    。その一人はドイツ人の「セバスチャン・ベッテル」という昨年のF1というカテゴリーの優勝ドライバーなのですが、この人若いのに凄くて、日本で言えば石川遼が4大トーナメントに優勝した位の人気と実力です。ドイツで知らない人はいないと思うので、「セバスチャン」の映画もあるぜ!って言えば興味もってもらえること請け合い(なはず)です。ちなみに、もう一人のドライバーは「セバスチャン・ローブ」というWRCというカテゴリーのこれまたスゴイドライバーですが、フランス人なのでドイツの方には言わない方が良さそうです。もちろん、フランスでの上映時にはローブの事を話せば、フランス人の心に刺さるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です