バカな頭で考えた!

ハンブルグのことは一旦中断、ファの豆腐のこと。

「ファの豆腐」が昨日からテアトル新宿で始まりました。PAOという企画のオムニバス映画の一本

他の二本の映画は真利子哲也監督、黒崎博監督の作品です。

監督は久万さん。久万真路さんです。演出部の先輩です。李相日監督の「悪人」や西川美和監督の「ディアドクター」「ゆれる」とかたくさーんの映画で助監督をしている方です。あと、今やってる廣木隆一監督の「軽蔑」とか。

僕も何度か一緒に仕事してます。お世話になってます。僕の「バカバカンス」「あまっちょろいラブソング」でもエキストラで来てもらいました。今回この「ファの豆腐」に誘ってもらったので助監督しました。

主演の豆腐屋の女の子が菊池亜希子さん、そのお父さんが塩見三省さん。菊池さんが恋する青年が三浦誠己さん。

40分の中編映画です。

豆腐屋さんの映画なので豆腐屋さんに取材に行きました。で、出来立ての豆腐、豆乳、揚げたての揚げを頂きました。これがですね、うまい。うまいんです。豆腐って素晴らしい。出来立てって全然違いますな。

で、そのまま取材先の豆腐屋さんで撮影もさせてもらうことになりました。とってもお世話になりました。大体そのお豆腐屋さんの100年前の創業者の方の名前が宗吉。びっくりしました。なかなか自分と同じ名前の人に会うことがないのです。遺影を拝見しましたがとっても男らしい顔立ちの方です。豪傑だったみたいです。同じ宗吉でもえらい違い。んでもって撮影後の打ち上げまで豆腐屋さんの奥のお茶の間でやらせてもらいました。前代未聞です。幸せな経験でした。

豆腐好きな方もそうじゃない方も良かったら見に行って下さい!

んで食べよう豆腐!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です