バカな頭で考えた!

ジャンバラヤ

ジャンバラヤを作るつもりはなかった。

しかし作った。

いや花見の話だ。

うちのアパートの隣の公園の桜が見事なので花見をやることを思い立ち

こじんまりと花見をやった。その時の話。

花見と言えば悲しいかな寒さとの戦いだ。

花見の記憶は寒さの記憶。

と言っても過言ではあるまい。

いや少し過言だけど。

ともあれ寒くなることは目に見えている。

のでミネストローネを作ろうと思ったのだ。

冷蔵庫にミネストローネの缶詰があったからね。

鍋を用意しガスレンジに置き、さて調理法はとミネストローネの缶詰を

見るとこのままご飯と一緒に炊くとジャンバラヤになると書いてあるではないか。

ジャンバラヤ!

まるでファミレスじゃないか!

ってことで予定変更でジャンバラヤを作ることにした。

俺は妄想した。

隣の公園に俺は鍋を運ぶ。

そして

ジャンバラヤだよー!

って鍋の蓋を開ける。

と熱々のジャンバラヤが顔を見せる。

何だか素敵だ。

それにこの

ジャンバラヤ

という言葉。

この言葉の響き。

何て言うか口に出して言いたくなる言葉だ。

ジャンバラヤ。

そう世の中にはそんな言葉がいくつもある。

ドッペルゲンガー とか デベロッパー とか ガストロンジャー とか••

そして思う。この日本でどれほどの人がジャンバラヤを作ったことがあるのか?

チャーハンやピラフは普通に作る。ちょっと変わったとこでパエリヤも時に作ることもあるだろう。

しかしジャンバラヤ。

ここがメキシコならいざ知らず、ここは日本なのだ。

ファミレスでチキンとジャンバラヤがセットになったのを食べたことは何度かあるけれど。

積極的に自らジャンバラヤを作ろうと思ったことはなかった。

これはいい機会。千載一遇のチャンス!

千載一遇!

これも言ってみたかった!

そして言った!

それはともかく俺は作ったジャンバラヤ。

そのまま缶詰とご飯だけでは芸がないのでコンソメの顆粒と塩こしょうを投入して炊いた。

ガスレンジで炊いた。

初めチョロチョロ中パッパ。

だ。

この後

赤子泣いても蓋取るな。

と続くが、これはここ十数年無視することにしている。

蓋を取って中身を確認している。

だって赤子泣いてないし。

この「赤子泣いても蓋取るな」の言葉に固執して

焦がしたこと数知れず。

だから蓋を取って確認することにした。

そうやって生きてくことに決めた。

で出来た。蓋を開けて確認しながら炊き上げたジャンバラヤ。

完成したよジャンバラヤ。

何度でも言いたいジャンバラヤ。

俺は鍋つかみでジャンバラヤの鍋をつかみ隣の公園へと運んだ。

ジャンバラヤだよー!

出迎える花見の参加者たち。

「すごーいジャンバラヤなんてファミレスみたい」

って。フフ。思うつぼだ。

ジャンバラヤをそれぞれの茶碗に盛りつける。

と、須田くんが(そうバカバカンスの主演の須田くんが参加していたのだ)

「なんかマカロニ載ってますけど」

って。

そう、よく見るとご飯の上に野菜たちと混じってクルンと丸まったマカロニがひょこっと載っかっている。

これは••

「それは洋風そばめしってことで」

俺はとっさに須田くんに弁解した。

そして思った。ミネストローネとご飯を一緒に炊いてもジャンバラヤにはならないな。

ミネストローネがそんなに簡単にジャンバラヤにならないよ。

それはイタリア人にもメキシコ人にも失礼だ。

そう思いながら俺はそのジャンバラヤもどきを食べた。

結構いけた。

しかし、これがジャンバラヤかと言われると首をかしげざるを得ない。

そりやそうだ。ミネストローネをジャンバラヤにアレンジする為にはもっと抜本的な何かが必要だ。

そもそもマカロニはジャンバラヤに混在してない!

と、こんなことを長々と書いてる俺は一体何なのだ。

だから、しかし、最後に言うよ。

ジャンバラヤ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です