バカな頭で考えた!

Monthly Archives: 3月 2016

冨樫森監督初舞台やります!

冨樫監督が舞台を初演出します。
一体どんなことになってるか楽しみです。
大学生の青春もののようです。
春です。はじまりの季節です。
うちの甥っ子もこの春から大学生になります。
こないだ会いました。
あの頃の自分を思い出しました。
何かいろんな事が始まる気がして希望でいっぱいだったような気がします。
そうじゃなかったかもしれないけどそういうことにしとこう!思い出は美化だ!
美化!
バカだった。今もバカだけどあの頃は更にバカだった。
なんてことを舞台見ながら思うんじゃないかななんて予感がします。
て、まとめてみたりして。
でも、そんなこと思い出したりしながら見るのも舞台のIKKO!どんだけー!いや一興!
て、女子大生の話なんですけどね。
以後、詳細です。

ひとつよろしくお願いします。

 

 

2016/04/07(木) ~ 2016/04/10(日)
会場
明石スタジオ
出演 堀春菜、後東ようこ、真下玲奈、内山由香莉、根矢涼香、大田恵里圭、渡辺樹里、黒田有彩、池田詩穂
脚本 オノマリコ
演出 冨樫森
料金 3,500円 ~ 3,700円
【発売日】2016/01/20
前売¥3500-
当日¥3700-
サイト
http://eiga24ku.jp/news/2016/01/post-103.html
※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 4月7日 (木)19:00
4月8日 (金)14:00/19:00
4月9日 (土)13:00/18:00
4月10日(日)12:00<※追加公演決定!>
4月10日(日)16:30<※前売完売>

ご好評につき、追加公演(4月10日12:00上演)決定いたしました。
ご予約お待ちしております!

説明 映画24区による若い才能を集結して映画監督と臨む意欲作。第1回目は注目の若手作家・オノマリコの詩的で瑞々しい筆致が冴える『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』を選出しました。作家の体験を元に、とある大学の女子学生たちの入学から、象徴的な出来事としての“旧体育館の解体”、そして卒業までを、時に時空間をリープしながらも登場人物たちの生き生きとしたリアリティをもって描きます。

演出を務めるのは映画『ごめん』『あの空をおぼえてる』『おしん』など若手の演出に定評のある映画監督の冨樫森が舞台演出としては初の挑戦となります。約200名の応募者が集まったオーディションから今後の映画界・演劇界を担う女優9人を選出しました。
その他の注意事項など

スタッフ 舞台監督:今泉馨
美術:佐藤あやの
照明:加藤学
音響:水野裕
衣裳:宮本茉莉(STAN-S)
メイク:金森恵
振付:入手杏奈
演出助手:藤井三千
制作:小崎愛美理(フロアトポロジー)
宣伝美術:矢島拓巳・林啓太
プロデューサー 三谷一夫・中台あきお
協力:PHaT PHOTO写真教室
企画・制作:映画24区