宮田宗吉のブログ

バカな頭で考えた!

第七藝術劇場で「俺の求婚」上映!

まもなく11/1から大阪第七藝術劇場で「くらげとあの娘」始まります。
11/1~7 連日15時から上映です。
初日1日はわたくし宮田宗吉が舞台挨拶、そして2日3日は「俺の求婚」を同時上映します。
そして2日は「俺の求婚」の主演われらがバカバカンス須田邦裕と一緒に舞台挨拶します!

第七藝術劇場ホームページ
くらげとあの娘ホームページ

改めて「俺の求婚」の説明を致します。
これは最近映画界ももっぱらデジタルの作品ばかりになり、フィルムでの映画撮影を経験をした
ことがない若手のスタッフが増えてきたことに危機感を抱いた撮影監督協会青年部が若手撮影助手
さん達にフィルムの現場を経験させよう!って企画された作品なのです。

それで頼まれて監督したのが「俺の求婚」
そしてサイレント作品で4分30秒という枠の中で撮って欲しいと言われました。
さてどうしようサイレントで4分30秒。
サイレントは大学の時に8ミリで撮ったことあります。女の子が泥棒するコメディーです。
そんなことを思い出しながらサイレントならコメディーかなーなんて思いました。
今まで情けない男ばっかり出てくる映画ばっかりだったから男らしい男が出てくる映画にしよう
それをバカバカンス須田くんにやってもらおう!須田くんが奥田恵梨華にプロポーズする映画だ!
ってことでシナリオを書き撮影したのが二年前の夏。
この作品はフジフィルムさんが協力してもらってます。で撮影場所もフジフィルムの神奈川県の足柄工場
とその近辺で撮影しました。
編集ももちろんフィルム編集。パソコンなんて使いません。そこで知り合ったのが編集の佐藤崇さん。
この作品がきっかけで「くらげとあの娘」でも編集をやって頂きました。
イマジカで完成した作品を大スクリーンで見た時はやっぱりフィルムっていいなと思いました。
デジタル化するのは時代の流れだけど、だから僕なんかも映画撮れたのだけど、だけどフィルム作品も残って欲しいと思います。
最近過去の作品も再上映される時にデジタル上映されたりするけど何か違うなと思う時があります。
今年はアキカウリスマキとジャックタチの特集上映に行ったけど、で、デジタルの上映だったけど、カウリスマキはやっぱりフィルムの方がいいなと思った。思ってしまった。けど意外にジャックタチのデジタルで見た「プレイタイム」は悪くなかった。一説によればデジタルの
絵の感じはジャックタチが望んだ絵のイメージに近いんじゃないかとも聞きました。そう言われるとジャックタチが今生きてたら割と
率先してデジタルで映画を撮ってたりするのかもなと思います。
けどカウリスマキは死ぬまでフィルムで映画撮って欲しいなと思います。カウリスマキはフィルムがいいよー。きっと本人もそう思ってる
よーよく分からないけど。
なんてこと思ったり。
ともあれ「俺の求婚」大阪上映!
うれしいです。
タイミングが合えばぜひご覧下さい!

撮影監督協会青年部企画作品
35ミリフィルムサイレント映画
「俺の求婚」
(4分37秒)

出演     須田邦裕
奥田恵梨華
松永大輔

脚本•監督  宮田宗吉
撮影     鈴木周一郎
照明     志村昭裕
編集     佐藤崇
衣裳     江頭三絵

アソシエイトプロデューサー 川原伸一
ラインプロデューサー(制作部) 池原健
助監督 安河内瑠美
撮影助手 高橋草之輔
     岡田拓也
     猪本太久磨
     島田祐介
照明助手 白鳥友輔

富士フイルム
永井悟

報映産業 
平塚高志

イマジカ
タイミング 杉山実穂
小椋俊一 上野芳弘 石田記理
山口穣二 石山泰子

企画
日本映画撮影監督協会青年部

(ストーリー)あるところに美しい女の子に恋をしてしまった愚かな青年がおりました。青年は彼女に求婚することを決意しました。で•俺の求婚、写真

Life Is Party

andymoriが解散してしまった。解散ライブが最後に武道館であって行きたかったけどチケットを取れなかった。
油断していた。今や武道館のチケットもすぐソールドアウトになってしまうバンドなんだな。
ライブレポートを見るとライブの最後の最後に「Life Is Party」をやってる。
あぁやっぱり見たかった。
「Life Is Party」はセバスチャンを撮った時にエンディングで使わせてもらった曲だ。
セバスチャンはもともと吉祥寺のライブハウスイベントのINDEPENDENCE DAYと一緒に映画を撮ろうという企画で
だったらそのイベントに出るバンドの曲を映画に使えたらと思って、いろんなバンドの曲を順に聞いていってこれだ!と思ったのが
andymoriだった。その中でも「Life Is Party」が映画のエンディングにふさわしいと思った。
そうだよ人生いろいろあるけどLife Is Partyだよ!
歌詞にとても共感したしメロディーもよくてすげーいい曲だと思った。
で早速事務所に連絡して映画の使用をお願いしたらOKが出た。
まだandymoriがCD一枚出した頃でブレイクする前だった。
今は亡きバウスシアターでの1日だけの上映にはandymoriのメンバーが見に来てくれて上映後にボーカルの小山田くんが握手してくれた。
とっても好青年だった。
以来ずっとCD出る度に聞いてるしライブも何度か見に行った。
久しぶりにはまったバンドだった。
絶望と希望が混じってる感じが好きだ。
andymoriはその後あっという間にブレイクしてそしてあっという間に解散してしまった。
小山田くん自身も世間を騒がすようなことをしたし生き急いでる感じがした。
バンドは解散するな。解散しなけりゃいいのにと思うけど解散するな遅かれ早かれ。
解散してないバンドもあるけどほとんど奇跡な感じがする。
バンドのメンバーと出会うのも運命っていうかそのメンバーと出会うのが必然だったんじゃないかと思う。
andymoriが解散してこれからどうなるか分からないけどこれからもずっと聞いていくだろう。
そしてライブの最後に歌った「Life Is Party」はこれからの決意表明だと思う。
思えば清志郎を最後に見た完全復活祭の武道館でアンコールの最後に歌ったのが「Like A Dream」だった。
「夢のようなことばっかり言っててごめんね でも僕を信じて」
て清志郎は最後に歌ったんだな。歌ったんだね。
andymoriは解散ライブで
「楽園なんてないよ 楽園なんてあるわけないよ LIfe Is Party」
って歌った。
「あの日の空は言うさ いつの日か悲しみは消えるよって」
てな。
いい曲だな。
10年たったら旅に出よう!出るのか?
[youtube https://www.youtube.com/watch?v=hEAIiD8C5a8]

「くらげとあの娘」京都上映!

「くらげとあの娘」京都立誠シネマで11/15~21まで上映します!連日13:10~の上映です。
京都は今はなきKYOTO映画塾に通ってた時に二年住んでた思い出の地です。
そして助監督した冨樫監督の「天使の卵」のロケ地でもある思い出の場所です。
この立誠シネマのある元立誠小学校は主人公市原隼人の通う美術予備校として撮影したのでした。
ステディカムの長い1カットで撮影してますよ。
まさかあの小学校に映画館が出来るとは思わなかった。
京都の皆さんぜひ見に来て下さい。よろしくお願いします。

立誠シネマホームページ

「くらげとあの娘」大阪上映!

「くらげとあの娘」大阪、十三の第七藝術劇場で11月1日〜7日まで上映します!連日15時からです。1日初日は舞台挨拶します!「あまっちょろいラブソング」も上映してもらった七藝での三年ぶりの上映です!ありがたいです。大阪の皆さんよろしくお願いします!

第七藝術劇場ホームページ

「くらげとあの娘」ホームページ

「くらげとあの娘」仙台、新潟上映終了、そして名古屋上映始まります!

「くらげとあの娘」仙台、桜井薬局ホール、新潟、シネウィンドでの上映を本日で終了し
明日からは毎度おなじみ名古屋シネマテークでの上映が始まります。
9/6〜12 10時45分 20時15分 の一日二回上映です。

初日6日は、二回の上映とも上映後に派谷恵美と宮田宗吉で舞台挨拶します。

そして6日7日は全回上映に「俺の求婚」(短編サイレント35ミリフィルム作品)(出演 須田邦裕 奥田恵梨華 松永大輔)を同時上映します。
そうです。ご存じ「バカバカンス」キャストで奥田さんの理想のプロポーズに着想を得て(着想!)最近男らしくなってきた須田くんを主人公に
プロポーズ映画を撮ったのです。2年前の夏、最近フィルムで映画を撮る現場がめっきり減ってしまったことに危機感を感じた撮影監督協会青年部の
企画で頼まれて撮った作品です。ただし長さは4分30秒、そしてサイレント作品、撮影一日、タイトルも合成でなくて撮影する。という条件で撮影したものです。サイレントと言えばコメディーだ!ってことでコメディー映画を撮りました。俺の求婚、写真

更に6日7日は二日間限定でくらげパンを販売します。名古屋の藤が丘にあるとってもおいしいパン屋さん
パンジェンヌさんに協力して頂いてくらげパン作ってもらいました。
両日とも一日15個限定販売となりますのでよろしくお願いします。

パンジェンヌさんブログ

パンジェンヌさんツイッター

名古屋くらげパン

更に更に東京、新潟に引き続いてクラゲ写真家鈴木朱紀子さんの「くらげ写真展」を劇場ロビーにて
行います。鈴木さんが加茂水族館で撮影したくらげの写真達をお楽しみ下さい!くらげポストカード、ミニカードなども販売しますよ。

名古屋写真展

そんな感じで名古屋上映明日から始まります!
よろしくお願いします!

明日、新潟シネウィンド上映初日です!

10603330_790571704314598_6405474928347334722_n 「くらげとあの娘」仙台、桜井薬局ホール上映は続いておりますが、明日30日からは新潟シネウィンドでの上映が始まります!14時45分からの上映です。
 中澤莉胡さん、菅原さくらさんという地元超若手女優陣と一緒に舞台挨拶も行います!こんなことは初めてなので楽しみにしてます。よろしくお願いします!

<お問い合わせ先>
新潟・市民映画館 シネ・ウインド
新潟市中央区八千代2-1 万代シテイ第2駐車場ビル1F
TEL:025-243-5530
シネウィンド公式サイト

 そしてシネウィンドさんは明日「夢は牛のお医者さん」「ある精肉店のはなし」「くらげとあの娘」「夢は牛のお医者さん」「ある精肉店のはなし」の順で上映してます。肉、肉、くらげ、肉、肉というラインナップになっててひっくり返ってくらげが肉になりそうです。そしたらどうしよう?
 なんて浮ついたこと言ってる場合じゃございません。
 シネウィンド劇場ロビーでは東京に引き続いてくらげ写真家鈴木朱紀子さんのくらげ写真展を行います。鈴木さんが加茂水族館で撮影したくらげの写真たちをぜひご覧下さい!
 
 写真展「水母彗星」
~クラゲ写真家 鈴木朱紀子×映画「くらげとあの娘」~

会期:8月30日(土)~9月5日(金)
場所:新潟シネ・ウインド (劇場ロビー内にて)
撮影協力:鶴岡市立加茂水族館

 

「くらげとあの娘」東京上映終了、そして仙台上映始まる!

「くらげとあの娘」新宿K’sシネマ上映本日無事終了しました。朝早くからご来場の皆さん本当にありがとうございました!
 
 そして明日からは仙台上映です。
 
 仙台・桜井薬局セントラルホール
 8/23(土)~8/29(金) 10:30~/12:30~
 8/30(土)~9/5(金)  13:30~
 の予定で上映します。
 初日、明日23日(土)は10時30分の上映後と12時30分上映前に ヒロイン役の派谷恵美 と 宮田 で舞台挨拶します。
 更に明日から一週間29日までは東京に引き続いて新たなくらげ君たちの水槽展示も行いますのでそちらもお楽しみ下さい!
 仙台は派谷さんのデビュー作「非バランス」(2001年冨樫森監督)のロケ地でもあります。あれから14年、14歳だった派谷さんも大人になりました。
 仙台の皆さんぜひ見に来て下さい!

<お問い合わせ先>
仙台・桜井薬局セントラルホール
仙台市青葉区中央2-5-10 桜井薬局ビル3F
TEL:022-263-7868
桜井薬局セントラルホール公式ホームページ

明日から「ショートホープ」上映始まります!

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=VKB7EKq2Qh0]僕が大変お世話になってる堀口正樹監督のデビュー作です。
僕が上京した年に初めてついた劇場公開映画で演出部の先輩として
一緒に仕事してからなのでもう17年目を迎えてしまいました。
振り返ればあっという間です。
助監督を始めた年は色々あって今思うと恥ずかしいことばっかりです。
撮影現場から逃げ出して「くらげになりたい」とは思ってなかったけど、似たような気持ちで
一人アパートの部屋でピーズばっかり聞いてました。
その時に心配して家に電話してくれたのが堀口さんでした。
まだ携帯も無かった!
あんな風に人と電話で話したのは一度だけで思い出しても
恥ずかしくなってしまうけど、それも含めて恥ずかしい僕の人生って
早川義夫みたいな気持ちになってる今夜です。

つくづく思うのは堀口さんがいなかったらあの時点で僕は映画業界から
いなくなってたし、その後どうしてたか見当もつきません。
だからってわけじゃないけど、この堀口さんの「ショートホープ」を一人でも多くの人に見てもらえるとうれしいです。
僕も助監督と製作を兼ねて手伝いました。二年前の暑い夏の撮影でした。
少年の一夏の成長を描いた堀口さんの思いがぎゅっと詰まった作品です。
渋谷のユーロスペースで明日8/16~9/26まで上映回数、上映時間を変えながら上映し、
その後全国順次公開予定です。

ショートホープ公式サイト

よろしくお願いします!

上映始まりました!

上映始まりました!

「くらげとあの娘」上映始まりました!
ご来場の皆さんありがとうございます。
今日で四日目を迎えます。
なかなか落ち着かない日々が続きますが
更に上映イベント決定しました!

8/14(木) 風間志織監督を迎えてのトーク
8/16(土) 35ミリフィルムサイレント作品「俺の求婚」(監督 宮田宗吉)(出演 須田邦裕 奥田恵梨華 松永大輔)上映
      と派谷恵美、宮田宗吉舞台挨拶
8/17(日) 派谷恵美、宮田宗吉舞台挨拶

という予定になってます。

風間監督は「火星のカノン」「せかいのおわり」で助監督しました。そして昨年「チョコリエッタ」という新作を撮り来年の公開が決まっております。
「チョコリエッタ」!傑作です。「チョコリエッタ」
先日、試写会に来てもらってその後飲みました。一度解散して最集合して気がつけば朝まで飲んでました。その時におずおずとコメントをお願いしたら後日こんなコメントが届きました。

過去に捕われた恥ずかしいほど一途で頑固なオトコとオンナの、ほんのはかない恋みたいな物語。ここに、宮田くん独自のゆるくてあたたかい視点と人間性がある。
へなちょこLOVE。ダメオトコのダンディズム。このまませかいがどこへむかおうとも、彼には、目に見えないクラゲスーツを纏って、ふらふらゆらりゆらりと、どこまでもどこまでも泳いで行ってほしい!
                 風間志織(監督)

 お酒なしで風間さんと話すのは何だか照れるのですが頑張りたいと思います。

そして「俺の求婚」
フィルムで映画撮影する機会が少なくなったことに危機感を抱いた撮影協会青年部が
企画した作品です。それに賛同した富士フィルムさん報映産業さんイマジカさんの協力で実現しました。
35ミリフィルムサイレント映画『俺の求婚』(4分37秒)
[脚本・監督]宮田宗吉
[出演]須田邦裕 奥田恵梨華 松永大輔
[撮影]鈴木周一郎 [照明]志村昭裕 [編集]佐藤崇 [衣裳]江頭三絵
[企画]日本映画撮影監督協会青年部

撮影は一昨年の夏のことでした。
貴重な経験でした。ここでも書きました。
出演の奥田さんもブログで書いてくれてます。
この映画はもともと奥田さんの理想のプロポーズをかつて聞いたことを
思い出しシナリオ書いたのでした。
そして「バカバカンス」では女々しい男を須田くんにやってもらったので
今度は男らしい役をやってもらおうと思いそんな役をやってもらいました。
そのおかげか最近めきめき男らしい男に須田くんはなってます。
て、そのおかげじゃないですね。

これはコメディーです。
楽しんで見て頂ければ幸いです。

上映は22日までで朝10:15〜上映と早いですが良きタイミングで来て頂ければ
うれしいです。
よろしくお願いします。

アーカイブ

2019年11月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930