宮田宗吉のブログ

バカな頭で考えた!

1 3 4 5 6 7 25

ガリと新幹線

「くらげとあの娘」山形特別先行上映から
戻って来ました。
少しだけぼんやりしています。

山形へは東京駅から新幹線で向かった。
改札で主役の宮平くんと派谷さんと合流して新幹線のホームを歩いていると
突然背後で派谷さんの大きな叫び声がした。
振り返ると転倒した派谷さんと心配そうに見守る宮平くん。
「これですべったんです」と言う派谷さんの足下を見るとピンク色のかけらが落ちている。
ガムかなと思うとそんな粘り気はなく、そもそもガムじゃすべらない。更に顔を近づけて見る。
ガムじゃなかった。ガリだった。
そこは弁当売り場の前。
なるほど。
なるほどじゃない。
弁当売り場の前だからといってガリが落ちてる理由にはならない。
こんなことがあるのか。僕は未だかつてガリですべった女を知らない。
むろん男だって知らない。
そしてこれからもガリですべって転ぶ人を目撃することが死ぬまでにあるだろうか?
そんなことはないだろう。そんな気がする。あるかもしれないけど多分ない。
もってる。
もってる。という言い方はいつからするようになったのか知らないけど、
そして今この言い回しをするのは時代遅れなのかもしれないけど。
いいさ俺はどうせ時代遅れな男。
もってるな派谷さん。
そう思った。
派谷さんはひねった足を引きづり「信じられなーい」とショックを隠せないで
いたけれど、もってる派谷恵美はガリで見事に転んだ。ガリで転んだ女優がそこにいた。
そんなもってる派谷さんはこの映画のヒロインに選ばれるべき人だったんだ。
と山形へと向かう車窓を眺めながらそう思った。
と、目の前に座る宮平くんが「新幹線って遅いんですねー」
聞けば沖縄生まれの宮平くんは飛行機ばっかり乗ってて新幹線に乗るのは3回目くらいだそうだ。
「もっとぐっと加速するのかと思ってたのに」と不満げな宮平くん。
新幹線の加速に文句をつける男に会ったのも初めてだ。新幹線はこんなもんだよ。こんなスピードでいいじゃないか宮平くん。俺はそう思うよ。

山形ついてからはテレビラジオ新聞雑誌でいろんなことを聞かれて、この主役の二人の
印象を聞かれたりもしたけれど。こんな二人だから選んだのかなぁなんて思った。

インタビューでは同じことを何度も聞かれるので答える方も段々うまくなっていく。
大人な女優な感じで派谷さんもインタビューに答えていく。そんな派谷さんの声を聞きながら、でもこの人
ガリで転んだんだよな、って内心思った。けど、それは心の中の声で口には出さなかった。
派谷さんに触発されたのか宮平くんもいい事言おうとする。けれど元来口べたな新幹線の加速に
不満を持つ男。そこはうまくいかないのがご愛嬌。いいこと言おうとしなくていいよ宮平くん。
でも伝わるよ宮平くんの気持ちは。そんな気持ちでこの「くらげとあの娘」の主役を見守った。
ガリで転んだ「あの娘」と一緒に。

「くらげとあの娘」先行上映!

「くらげとあの娘」舞台挨拶付き先行上映を鶴岡まちなかキネマで行います。
主演の宮平安春くん派谷恵美さんと一緒に行きますのでよろしくお願いします!

◆「くらげとあの娘」舞台挨拶つき特別先行上映会◆
日時/5月17日(土) 午後2時30分~ ※上映終了後に舞台挨拶
チケット/5月10日(土)より、まちキネカウンターにて発売(特別鑑賞券との交換OK)

お問い合わせ:鶴岡まちなかキネマ TEL:0235-35-1228

「あまっちょろいラブソング」上映日時決まりました。

吉祥寺バウスシアター 閉館イベント「THE LAST BAUS~さよならバウスシアター」
の「バウスを巡る映画たち」の一本として上映されます。
上映日時  4月30日(水)16時〜
場所    吉祥寺バウスシアター
チケット  当日、前売り、各 1300円
よろしかったら見に来て下さい。よろしくお願いします。

「くらげとあの娘」予告編

そして「くらげとあの娘」予告編です。

まずは5/31から加茂水族館リニューアルオープンに合わせて

山形先行ロードショーです。よろしくお願いします。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=LeJUlkl1SSE]

「あまっちょろいラブソング」上映

「あまっちょろいラブソング」が吉祥寺バウスシアターの閉館イベントで上映してもらえることになりました。

日時が決まりましたら発表します。

上映してもらえるのはうれしいです。

しかし、それはバウスシアターが6月になくなってしまうから。

「バカバカンス」「セバスチャン」「あまっちょろいラブソング」と今まで撮った映画を全部上映して

もらった映画館です。思い出がいっぱいだ。撮影もさせてもらったし。

近所に住んでるので映画もよく見に行ってます。

なくなっちゃうんだ。

現実に直面するまで現実感がわかない性格だから、って変な文章だけど。

6月になって閉館後に本当にバウスの前を通りかかって閉まってるのを確認するまで現実感がわかない

気がします。

現実見てない奴なんだな、ってか見たくない現実を見ないようにしてるって言うか。

しかし往々にしてそれで失敗してる気がする。

するな。

現実直視!

んでもって理想も直視!

「あまっちょろいラブソング」上映日時決まりましたら発表しますかんね。

バウス閉館イベント盛り上げて行かねばなりませぬ。なりませぬぞ!

 

チョコリエッタ

昨日は風間志織監督の新作「チョコリエッタ」の初号試写がありました。

久しぶりの作品です。前作「せかいのおわり」の公開時に赤ちゃんだった風間さんの男の子も

ももう小学校三年生です。時は流れます。いつのまにかこんな世の中です。

映画の長さは2時間39分あります。

長いです。

普通に考えれば長いけど、けど、長くなかった。

風間さんの思いのつまった素晴らしい映画でした。

主役の森川葵さん、その先輩役の菅田将暉くんもちゃんとそこに存在していて

もどかしい青春ど真ん中をさまよっていました。

「チョコリエッタ」は去年の夏名古屋で撮影していたので実家に帰りがてらちょびっと手伝いに行きました。

風間さんは相変わらず静かに静かに粘っていて主役の二人はそれに応えようと頑張っていました。

風間さんには「火星のカノン」と「せかいのおわり」に助監督でつきました。あんなに粘る監督は

いません。たくさんたくさんテイクを重ねます。あんまり何度もやるので「もう一発行くかーい?」

なんて言って撮影してたこともあります。そうです。風間さんも清志郎が大好きなのです。「もう一発行くかーい?」

は清志郎のライブでの決まり文句です。そして「火星のカノン」のエンディング曲はRCサクセションの「たとえばこんなラブソング」でした。東京国際映画祭で「火星のカノン」が上映された時には清志郎が来るかもしれないと情報があって、もし来たらサインしてもらおうとドキドキしながら清志郎の散文集の名作「十年ゴム消し」を手に待ってたこともありました。(結局来なかったけど)

僕が最初に撮った映画「バカバカンス」のタイトルも風間さんが清志郎の「バカンス」って曲からタイトルをつけてくれたのでした。

そんな清志郎も死んでしまった。

そして「チョコリエッタ」です。清志郎亡き後、世の中は全然良くならないけど風間さんは清志郎に

恥じない映画を作りました。

映画を見ながらびっくりするくらい涙ポロポロこぼれて自分で自分に驚きました。

あんまり涙腺弱くないはずなんだけどなぁ。あくびするととってもたくさん涙出るけど(少し自慢)

今日は一日「チョコリエッタ」のことを考えて過ごしました。春一番が吹きました。上の人の洗濯物が

僕の部屋の物干竿にひっかかっていました。風が強い日でした。

この映画がたくさんの人に見てもらえることを願います。

海に向かって叫びたくなる映画です。そんな映画なんです。

 

逆に翔んだカップル

「翔んだカップル」を見た。

劇場で見るのは初めてで、前にビデオで見た時にはあまりそうは思わなかったけど

改めて見て傑作だと思った。

前に見た時に感じた80年代のだささがどうでもよく思えた。

良かったなぁと思いながら部屋に帰り、正月に実家の近くに出来た古本屋で買った

「翔んだカップル」のパンフを見た。80年代のパンフは今見ると少しおざなりな作りだ。

しかし相米監督がデビュー作だからなのでしょう監督自らの珍しく真面目な文章が書いてあったりして

貴重です。

そしてページをめくっていると濡れたTシャツを来ている薬師丸ひろ子の写真なんてあって、

濡れたTシャツってのは昔あったなぁなんて思い出し可愛らしいなと思い更にページをめくると

まことちゃん。

あの漫画の「まことちゃん」が登場します。

まことちゃん?

これはどういうことかって言うと公開当時「翔んだカップル」は「まことちゃん」と二本立ての同時上映

だったんですね。だからパンフも二本立て。

って当時も珍しい作りだと思いますけど、二本立ての映画同時収録のパンフは。

いや、こっちは「翔んだカップル」のパンフのつもりでいるからいきなりのまことちゃんの登場には

びっくりします。

おおらかな時代だったんだなぁと思う。

しかし、ふと思う。このパンフ、こっちは「翔んだカップル」目線でめくってますが、

「まことちゃん」ファンがめくった日にゃ、まことちゃんまことちゃんと来ていきなり薬師丸ひろ子

です。

そっちはそっちで驚くね。

んで、その後ぼんやり考えた。どっちに視点を置くかで見え方違うなぁ。

いやね何だかきなくさい世の中ですよ。

フランスとドイツの両論併記の教科書があるって言いますよフランスとドイツの国境近くの街でね。

「翔んだカップル」と「まことちゃん」両方併記ですよ。

だからね日本と中国、韓国、北朝鮮のそれぞれの言い分が載ってる教科書があってもいいんじゃないか、

ないかなぁと思った次第です。

思うにですね、日本で中国とか韓国とかに差別的なこと言う人は逆の立場になったら逆のこと言ってると思う。

俺が尾美としのりだったら、いや「翔んだカップル」の話ですよ。同じことしたかもなぁ。しないかなぁ。どうかなぁ。

そして俺が鶴見辰吾だったら、もしそうだったなら、コブラツイストから四の字固めの流れはよく分かる。分かるなぁ。

って映画見てない人にゃ分からない話をあえてしてみる。

してみました。

グワシッ!

 

 

 

新しい人

新しい人なのか古い人なのかと言われれば、その中間の古い人よりってことだと思うけど。

いや、それは自分の年齢の話だ。

中華屋に行った。ビールが飲みたくてお腹も空いていて中華屋を探して歩いているといい雰囲気の

中華屋があった。少し汚めのよくあるこじんまりした中華屋さん。表のメニューを見るとセットメニューも充実している。

店に入ると一階と二階があり、一階はカウンター三席と二人がけのテーブルが三つ。カウンターではおじさんが一人

ニラレバ定食みたいなのを食べている。ほぼ同時に店内に入った二十代後半男子二人はテーブルに座り、僕はカウンター

かテーブルかと思ってると店のおじさんがテーブルにどうぞと言うのでテーブルに座った。

とりあえず生ビールを頼みメニューをにらむ。

生ビールは二階から下りて来た中国人のお姉ちゃんが片言の日本語で「ドーゾ」と運んで来た。

どうやらビールのサーバーは二階にしかないらしい。思ったよりせまい店内だ。

ちなみに一階で働くおじさんは日本人だ。というか片言の日本語ではなくごく普通の日本語を話している。けど、ひょっとしたら日本語堪能な中国人かもしれない。いや、そんなことを言うのなら僕にビールを運んで来た中国人のお姉ちゃんは

片言の日本語を話してるだけで本当は日本人かもしれない。

なんて思ったが、それは実はその時制では考えてなく、今パソコンでこの文章を打ちながら思ったことだ。

本当の俺は、今だって本当の俺だけど、その時中華屋にいた本当の俺はビールを飲みつつメニューをにらみ

ラーメンと天津飯のセットというのを頼む気持ちにほぼなっていたところだった。

しかし、本当の俺は、その本当の俺というのは、今こうしてパソコンに向かってる俺だが、生ビールを頼んで、

それが到着する前にラーメンと天津飯のセットを頼んだような気がしているのだ。

時制がごっちゃになっている。

しかし、こうも思う。そもそもこの文章を書こうと思った主旨からすれば、それは些末なことで生ビールがくる前に

ラーメンと天津飯のセットを頼んだのか、生ビールが来てからラーメンと天津飯のセットを頼んだのかそんなことは

どっちでもいいのだ。

しかし、こうも思う。というか時折思い出すのだけど、小学校一年生の時のことだ。よく作文を書かされていた。

そして、その作文は先生が良いものをいくつか集めてわら半紙に刷られて配られていた。毎月のように配られていたと思う。

というかそこなのだ。「毎月のように配られていたと思う」という書き方なのだけど、それは「毎月のように配られていた」と書いていいのだ。というか書ける。問題ないと思う。そして今なら書ける。

そして、その作文は先生が良いものをいくつか集めてわら半紙に刷られて毎月のように配られていた。

書いた。

書いたぞ!

と、今なら書けるけど当時は書けなかった。作文を書く時に正確に書かなくちゃいけないと思い「林くんは「てんしんはんがたべたい」というようなことを言った。」といった書き方しか出来なかったのだ。「林くんは「てんしんはんがたべたい」と言った。」と書けなかった。本当にそう言ったか分からないから。本当の林くんは「てんしんはんがたべたいでかんわ」って言ってたかもしれない。ちなみに「たべたいでかんわ」は「たべたくてあかん」という意味の名古屋弁で「食べたくて我慢出来ない」「食べたくてしょうがない」みたいな意味で使う。

あぁこんなことを書くつもりじゃなかった。

と、ふと我に帰る。

しかし、ここまで来たから書く。

書く。

書くよ!

毎月配られるわら半紙に僕の作文が載る事はなかった。それはとても残念なことだった。もう二回も載ってる友達がいるのに僕のは載らない。

で、ある日考えた。友達の作文を読んでいると何だか言い切っている。

「はやしくんはなきそうなかおで「てんしんはんがたべたい」と言った。」

作文がいさぎよい。そうかもしれない、そうじゃないかもしれないことを、そうだと言い切ってる。

「なきそうなかお」って本当にそんな顔してたか分からないけど「なきそうなかお」して「てんしんはんがたべたい」

と言う林くんには興味がわく。

どうして、そんなに「てんしんはん」が食べたいの林くん?

作文を読んだ俺は隣の席に座る林くんに聞くだろう。

隣の席に座る林くんは半ズボンの足をブラブラさせながら

「え、わかんない」

こう答えるさ。

そうさいつだって林くんの心はわかんないんだ。

って、しかし俺はこの俺はわかんない林くんの心を描く気持ちは毛頭なかった。

そんな気持ちは毛頭ないぜ。

だって毛頭の文章、いや冒頭の文章を読んでおくれ。

新しい人なのか古い人なのかと言われれば、その中間の古い人よりってことだと思うけど。

って書き出しだ。ってコピペしたんだけど。

と、このまま文章を続けようかとおもったけど、やっぱり書く。

この三行前の毛頭と冒頭のしゃれに君がくすりと笑ってくれるとうれしいよ。

書いちゃった。

てか君って誰だ。そんな人はいない。しかし思えば架空の君に向かって文章を書いてる気がする。するぞ。

じゃぁ映画はどうなんだ。誰に向かって映画を撮ってるんだ。

ふむ。

それはまた別の機会にしよう。

あぁ小一の俺よ。君はこんなに適当な作文をかくおじさんになったぞ。どうだがっかりだろ。

さて話を元に戻す。いつまでもそれてるわけにはいかない。

おじさんになった俺は中華屋でビールを飲みながらラーメンと天津飯のセットを待っていた。

はい、その時制に戻った。

ほぼ同時に入った二十代後半男子達ははなじみらしく慣れた感じの注文をした後で「リスペクタブルって有名な曲なの?」

なんて話してる。

そうだここは水道橋の中華屋。東京ドームの近く。ローリンストーンズのライブの後だ。ライブ前半でミックジャガーが「スペシャルゲストー!」としてステージに呼び込んだのが布袋寅泰で何だかリクエストでこの曲をやるみたいなこと言って、英語だからなおさら「みたいなこと言って」だ。日本語より更にもっと「みたいなこと言って」だ。まぁ、それはいい。こんなことばっかり言ってたら文章が前に進まない。進まないったら進まない。とにかくミックジャガーが「リスペクタブルー!」と言い演奏が始まったのだ。布袋がうれしそうにそして緊張した顔つきでギターを弾いていた。

幸せだったろうなぁ布袋。と思う。一生の思い出だろう。

斜め後方のその男子達の会話に耳をかたむけながらビールを飲んだ。ほどなくラーメンと天津飯が来て食べ始める。

ごくごく普通のラーメンと天津飯。天津飯のあんは赤い色をしてる。そんなタイプの天津飯。

ラーメンをすすり天津飯を食べビールをグビリ。ミックジャガーは絶対しないぜこんな食事。

と、おじさんが一人で来店。おじさんはテーブルでもいいですよと店のおじさんに言われたけど、ここでいいよと

カウンターに座り、座るやいなや「生ビール」と言う。もう心に決めてた系だ。おじさんは生ビールを飲む気マンマンで

この店にやって来た。ストーンズ帰りではなさそうだ。店のおじさんは「生ビール一つ」と二階にいる中国人のお姉ちゃんに向かって叫んだ。そうだ。この店は二階にビールサーバーがあるのだ。「はいー」と答える中国人のお姉ちゃんの声がする。と、厨房に行きかけた一階のおじさん店員は「新しい人ねー」と叫んだ。

新しい人。

新しい人。って。

ようやく本題。

あのおじさんのお客が「新しい人」なら俺は「古い人」だ。

「古い人」か。

ほんの十分ほど先に店に入っただけで俺は古い人。

もし俺がこの生ビールを飲み干しおかわりを注文したら、そんなことをしたのなら、

あの店員おじさんは二階に向かって「生ビール一つ」と叫び、更に「古い人ねー」と追い打ちをかけるのだろうか。

それは、そんなことは、毛頭に述べたように、いや冒頭に述べたように、俺は新しい人から古い人に

仲間入りしようとしているそんな年齢の男だ。それはわかってる。

しかし、あのおじさんに

「古い人ねー」

と言われたくない。言われたくないもんね。

しかしこうも思う。もし本当に俺がおかわりを注文したら何て言うんだろう。あのおじさんは。

それを確かめたい気もする。確かめてどうってことでもないけど。「古い人ねー」と言われてもがっかりだけど

かと言って「古い人ねー」と言われなくて別の言い方をされてほっと胸をなでおろしても、それはそれでがっかりだ。

いずれにせよがっかりか。

いや、それならいっそ「古い人ねー」って言われて「がっかり俺」って思ってる方がいい。

さてどうしたものか。天津飯もラーメンの残り数口、生ビールも残り数センチ。

生ビールのおかわりを頼むのか俺?

俺は自問自答した。どうする俺?

「古い人」と言われるのか言われないのか。

しかし、俺はこうも思った。ラーメンをすべる箸でたぐり、あぁそうなんだ、なんでプラスチックの箸なんだこの

店は。いかにも割り箸な店なのに。

いかん、もう華僑、中華屋だけに、いや佳境なのに脱線だ。

もとの線路に乗ろう。乗るよ。

ラーメンをすべる箸でたぐりながら考えた。

なぜ「新しい人」と言ったのか。普通はどうか?普通は「ご新規様」って言うんじゃないか。じゃぁ何故言わない。

それは多分「ご新規様」って言っても上の中国人のお姉ちゃんには伝わらないんじゃないのか。伝わらなかったんじゃないのか。そんなことが何度かあったのかも。それで考えたおじさんは「新しい人」と言うようになったんじゃないか。

俺はそう思った。そんな気がした。

ドアが開き新しい客が来た。「4人ですけど」

店員おじさんが「4人はちょっと」

ストーンズ帰りっぽい新しい客たちは残念そうだ。きっとビール飲みたくてしょうがないんだろう。

いや大丈夫。俺はもう完食しビールも飲み干した。古い人は帰るよ。

で、店を出た。

だから俺がもし二杯目のビールを頼んだら、そんなことをしたのならば「古い人ねー」

と呼ばれたかどうかは定かではない。

定かでないね。

こんなことを書いてみた。

なぜにこんなことを書くのだろう俺。

こんな作文じゃきっとわら半紙に載せてもらえないだろう近藤先生。

 

 

1 3 4 5 6 7 25

最近のコメント

    アーカイブ

    2022年8月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031