バカな頭で考えた!

サイタマノラッパー

見ました。気にはなってたんだけど見てなかった。

で見ました。新宿バルト9のレイトショーで見ました。

素晴らしかったです。予想以上に。いいんだろうとは思ってたけど。

言葉がうまく出ませんが本当に素晴らしいと思いました。

埼玉の田舎町のさえないラッパーの青年たちの日常を描いた映画です。

笑いの要素が強いんだろうな、と何となく思ってましたがラストシーンはもう泣きそうでした。

泣いてる場合じゃない事情があるので泣きませんでしたが本当に名シーンだと思いました。

見終わって拍手したい気分でした。恥ずかしいからしなかったけど。

今日は吉祥寺から新宿まで自転車こいでいきました。

帰り道の約一時間サイタマノラッパーの余韻で自転車こいでました。

足でこいでないです。余韻でこいでました。余韻でこげるんです。

そしたら西荻でお巡りさんに捕まりました。自転車にライトがついてないからです。

でも、そんなことどーでもいいです。

家に帰ってから劇場でもらったCDを聞き、パソコンでホームページを見ました。

ポッドキャストでライムスター宇多丸さんの感想も聞きました。

まだ余韻に浸ってますが、こっちも頑張らなあかんな。と思いました。

いい映画だった。見て良かった。

2 Responses to サイタマノラッパー

  • ホントによかったです!

    なんか負けてられないって気がしてきました。
    多分あの監督のスゴく身近な人たちの話なんだろうな〜。

  • 監督、自分も観ました。

    しかも、出演者の皆さん、わざわざ名古屋まで、「舞台挨拶」に来てくれました(生ラップも、聴けました!!)。

    予告編を観た時は、監督と同じように、お笑い的な作品と思っていましたが。 観ていくにつれて、切実な想いが伝わってくるところなど、いい意味で裏切られた感じでしたね。

    名古屋でも、少し前に、一夜限りですが、再映もされてました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です